読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

燦燦舎のブログ

燦燦舎(さんさんしゃ)は鹿児島のあたらしい出版社です。

5さいのたんじょうびと紙バカに向けて。

燦燦舎の大事な社員であるうちの双子もおかげさまで5歳になりました。立ち上げの頃は3歳になったばかりだったことを考えると、感慨深いものがあります。ということで、燦燦舎第三弾! というのはウソですが、双子の誕生日を記念して親バカ小冊子『5さいのたんじょうびに。』を刊行しました。

f:id:san-san-sha:20160131003211j:plain

本当の第三弾も着実に刊行に向かっています。春にはお披露目できる予定です! 

 

A6変型、16ページオールカラーの豪華版です。

双子は親父を尊敬するに違いない! と朝からせっせと制作したんですが、反応はまあまあでした。

まあ、子どもなんてそんなもんだ、ドラゴンボールやらアイカツ(アイドル活動!)には勝てねえや。と匙を投げる次第です。

しかし、妻はとっても喜んでいました。つくった甲斐ありです。構想から執筆、編集、デザインまで、インデザインイラストレーターなどのソフトを駆使し、、、もとい翻弄されながら3時間ほど。俺はこの月末の忙しいときになにをやっているのだ、という自問があったことは事実です。

この小冊子は、実際の本と同じように、16ページの1ページ1ページをA3の用紙に「面付け」してつくってみました。

本っていうのは、紙が1枚ずつ束ねられているのではなくて、基本的に16ページ毎に印刷された用紙を折って、それが束ねられてつくられているんですね。

こんな感じです。

 

f:id:san-san-sha:20160131003438j:plain

オモテとウラにそれぞれのページ毎に「面付け」。表の5ページの下には4ページが逆さまにはりついてますね。右下の1ページ目も逆さまです。

f:id:san-san-sha:20160131003507j:plain

 『5さいのたんじょうびに』ではこうなってます。右下の1ページ目が逆さまになっているのがおわかりでしょうか。

 

f:id:san-san-sha:20160131003616j:plainf:id:san-san-sha:20160131003653j:plain

それを折る!           折ったらこうなる。

 

f:id:san-san-sha:20160131003740j:plainf:id:san-san-sha:20160131003809j:plain

回転!             回転したらこう。

 

f:id:san-san-sha:20160131003951j:plainf:id:san-san-sha:20160131004035j:plain

さらに折る!          さらに折ったらこうなり、、、

 

f:id:san-san-sha:20160131004243j:plainf:id:san-san-sha:20160131004310j:plain

また回転!      また回転したらこう。8-9ページは見開き写真がいいですね。

 

f:id:san-san-sha:20160131004132j:plainf:id:san-san-sha:20160131004634j:plain

とどめに折る!         これでどうだ!

 

f:id:san-san-sha:20160131004803j:plain

 よっしゃ! 16ページの冊子になりました。

これを断裁して、ぺらぺらとページがめくれるようになるんですね。

自分でやったら、めっちゃ難しかったです。印刷屋さんの技術に驚愕です。

 

 ちなみに紙の出力はというと、うちは出版社のくせにカラーがまともに出るプリンターがない、ということで加治屋町のコピー屋さんキンコーズに行きました。なんと、コピー用紙だけじゃなくて紙が選べるとのこと。ここはいっちょ、カラーの本でも実際に使われる、あの『桜島! まるごと絵本』でも使われたという「ニューVマット」を選択。厚みは110Kだ!

うーむ、なんだかしっかりした紙だと存在感アップです。

キンコーズ最高! っていうかうちにプリンターなくていいのかよ。

 ということで、みなさんも自分でつくる小冊子、なかなか楽しいですよ。

是非つくってみてください。

世界に5部しかない燦燦舎の『5さいのたんじょうびに。』は明日の紙バカジャンク市で展示されるとのこと。

f:id:san-san-sha:20160131004836j:plain

10時から16時、林ビルに遊びにきてくださいね〜。

テンパークからロイヤルホスト城山店に歩いていくと途中にあるよ!