燦燦舎のブログ

燦燦舎(さんさんしゃ)は鹿児島のあたらしい出版社です。

かごしま一番星

NHK鹿児島の夕方ニュース番組「情報WAVEかごしま」の中の「かごしま一番星」というコーナーに燦燦舎のさめしまことえを紹介していただきました。

f:id:san-san-sha:20171025191307j:plain

なぜこの写真…。ああ、年齢が…。

 

約10分の放映時間。密着取材のため、様々な場面が登場します。

f:id:san-san-sha:20171025001412j:plain

 自宅兼社屋の居間で夫と打ち合せをしている様子。

 

f:id:san-san-sha:20171025001556j:plain

西郷さんのイラスト制作中!

 

f:id:san-san-sha:20171025001457j:plain

 10年前に移住した桜島での恩人、永野京子さんと、昔話をしているところ。

 

f:id:san-san-sha:20171025002109j:plain

ありの〜ままの〜家庭の様子。

 

f:id:san-san-sha:20171025002205j:plain

鹿児島女子短期大学での授業の様子。

 

f:id:san-san-sha:20171025001437j:plain

友人の司書さんが、子どもたちに読み聞かせをしてくれている様子も登場!!

 

f:id:san-san-sha:20171025001713j:plain

f:id:san-san-sha:20171025001639j:plain

 

「なぜ移住してきたの? なぜ鹿児島なの? なぜ桜島なの? なぜ西郷なの? なぜ絵を描いているの? 」

若い女性ディレクターさんがた〜くさんの質問を投げかけてくれたおかげで、久しぶりに過去20年ほど振り返って考えたり、反省したりいたしました。

 

夕方のニュースの中だったので、観た方も多かったようで、番組が終わった後、早速親戚から電話が来ました。テレビに出ると、なんだか親孝行したような気分になりますね〜。実家にはDVDを送ります。

 

f:id:san-san-sha:20171025193619j:plain

溶岩をバックに「かごしま一番星!!」 強風!!!!

鹿女短の学生さんたちと、紙芝居「西郷さんと大豆の豆助」を作りました。

 

去年に続き、今年も鹿児島女子短期大学、食物栄養専攻の学生さんと一緒に

「食育の紙芝居づくり」を行いました。

 

f:id:san-san-sha:20170930010340j:plain

去年は「お米」でしたが、今年は「大豆」がテーマ。

そこに依頼主の鹿女短教員・千葉しのぶさんからのお題「鹿児島の風土」「歴史上の人物」を入れて、まずはざっくりとした骨組みを燦燦舎がつくります。

 

鹿児島のシラス台地について、薩摩義士のお話、西郷隆盛について、そして、物語を作る上でのポイントを解説します。

 

f:id:san-san-sha:20170930010435j:plain

社長最近のお気に入り、焼津の「魚河岸シャツ」。涼しいんだって。

 

授業の後は、学生さんたちへ宿題。
物語を作ってもらいます!!


全員に物語を発表・提出してもらったあと、燦燦舎に持ち帰ってみんなの台本を合体!!!!

良いシーンをくっつけたり、セリフを入れたり、内容を付け足したり、悩んで悩んで、台本が完成!!

f:id:san-san-sha:20170930010600j:plain

 

「西郷さんと大豆の豆助」

舞台は明治8年ころの鹿児島。

畑で育つ、大豆の豆助。

まめに働く畑の主の青年に、今日も気さくに声をかける西郷隆盛

しかし、毎年のようにやってくる台風を心配する青年。

そこに、かつて木曽川の堤防を築いた薩摩義士の子孫が登場!!

村人たちは協力して堤防を築く。

そこに迫る大型台風。

豆助の運命やいかに!?

はたして、畑を、村を、守ることができるのか!?

 

我ながら面白い内容に仕上がりました~~。

完成した台本に、私さめしまことえがイラストをつけま〜す。

f:id:san-san-sha:20170930010630j:plain

 

ここからは、燦燦舎と生徒さんと4日間の共同作業。

下絵をもとにみんなで紙芝居を作ります。

画用紙をちぎってのりでペタペタ。

 

f:id:san-san-sha:20170930010741j:plain

f:id:san-san-sha:20170930010800j:plain

 

こういう作業って最高に楽しいよね〜って思っていたのは、講師の私だけで、20人以上いれば得意な人と苦手な人といるようです。栄養専攻だもん、そりゃそうだ。

ではなぜ紙芝居をやるのか!? 自問自答しながら行う学生さんたち。

 

f:id:san-san-sha:20170930011150j:plain

 

田んぼの神様、「田の神さぁ(タノカンサア)」もできました。にっこり。

そして翌日。役者・役割分担を決めて、発表の練習開始です。

今年は紙芝居朗読の指導に、以前演劇をされていて、元音楽教諭、現在はピアノ講師の船倉弘恵さんをお招きしました。

 

f:id:san-san-sha:20170930013106j:plain

 

紙芝居の基本的な考え方を、楽しく教えてくれる船倉さん。

専門家の指導は違いますね! 燦燦舎も目から鱗でした。 

はじめは台本を読むことに必死だった学生さんたちも、

 

f:id:san-san-sha:20170930011410j:plain

 

徐々に顔を上げて演技ができるようになってきます。

 

f:id:san-san-sha:20170930011501j:plain

 

豆役、カラス役、西郷さん役、老人役など、それぞれの個性が出てきて、楽しくなってきました!!

台本には、鹿児島弁もたくさん登場します。

苦労する学生さんに、「栄養士になったら、調理場で働く鹿児島弁のおばちゃん達とも仕事するのよ〜」と話す船倉さん。

 

紙芝居を「めくる」人もとても重要です。

サッとめくるかゆっくりめくるか・・・何度も練習します。

f:id:san-san-sha:20170930011613j:plain

  

翌日は、味噌作りのシーンで登場する歌と踊りの練習です。

茶わんむしの歌の替え歌で「 ♪ うんまか味噌をつくりもんそ ♪ 」

ここにきて学生さんたちの本領発揮!!

「味噌を作る工程」の歌詞を作るチーム、振り付けを作るチームに分かれて、みんなを指導します。

 

f:id:san-san-sha:20170930011729j:plain

f:id:san-san-sha:20170930011754j:plain

さらに、豆たちが登場するという演出も加わります。

マーメマメ!マーメマメ! ソイヤソイヤ!ソイヤソイヤ!

f:id:san-san-sha:20170930011828j:plain

 

f:id:san-san-sha:20170930011856j:plain

 

 

それぞれの役作り。

苦労した鹿児島弁のセリフ。

味噌づくりの歌、踊り、演出。

 有名だけどあんまり知らない西郷隆盛や薩摩義士について。

大きな声で、人前で演技すること。

 

学校生活の中の、たった数日間だったけど、はじまる前と後で、何か変化はあっただろうか? 将来、それぞれの道を歩む中で、何かの時にこの授業を思いだしてくれたらいいな。

 

f:id:san-san-sha:20170930012010j:plain

 あら良いお顔!

 

お披露目は、11月12日(日)の「食育フェスタ」@鹿児島女子短期大学です!! 

鹿児島女子短期大学生活科学科食物栄養専攻有志による食育紙芝居

「西郷さんと大豆の豆助」見に来てくださいね!!!

(さめしまことえ)

こども遊VIVAランド

9月23日(土曜日)・24日(日曜日)は、かごしま環境未来館で開催の「こども遊VIVAランド」で、すごろくブースを担当します。

水鉄砲で遊ぼう、お手玉、けん玉、アクセサリー作り、ダンボールハウスに、おもちゃのかえっこバザールに、ピッピさんが音楽隊!!!子どもの楽園だ!!

お隣り「カルタで遊ぼう」コーナーには、「ぐるっと一周!鹿児島すごろく」イラスト担当の原田美夏さんもいらっしゃいます♡

お待ちしておりま〜す!!

 

□こども遊VIVAランド
かごしま環境未来館
平成29年9月23日(土曜日)・24日(日曜日)10:00~16:00

昔から伝わるさまざまな「あそび」を見て、作って、遊ぶ体験をしよう!
2日間で「あそび」や「工作」がなんと30種類!館内ではこどもたちに自画像を描いてもらった「わたし大すき展」も同時開催。ぜひ、未来館へお越しください。

 

www.kagoshima-miraikan.jp

かごんまの郷土料理をつくる その2 ゴマ冷や汁

暑い。

暑い。

暑いと言ったら負け、と言われて負けてもいいくらい暑い鹿児島。

 

こげんなときは、郷土料理をつくるしかねえ、と独り台所に立ち向かう。ときは夕方、そろそろ妻と子どもが帰ってくる、、、、、買い物に行く暇はない。どら、と冷蔵庫を一通り見回し食材とやる気を天秤にかけ、今日の郷土料理は決定した。

 

f:id:san-san-sha:20170827194905j:plain

まずはキュウリを薄切りに

 

f:id:san-san-sha:20170827194938j:plain

 次はナスを薄切り。野菜は無農薬やで、われぇ!!

 

f:id:san-san-sha:20170827195037j:plain

いりこで出汁をとる。鍋はもらいもんや!

 

f:id:san-san-sha:20170827195121j:plain

その隙にキュウリとナスを塩で揉む。揉みしだく。

 

f:id:san-san-sha:20170827195208j:plain

関係ないけど、昼寝する兄と妹。あー夏休み。

 

f:id:san-san-sha:20170827195250j:plain

出汁がとれたら味噌を溶き入れて、冷やしにかかる。冷えてきて、子どもが起きてサザエさんを見てフロに入って飯を食うタイミングを計りつつ、ゴマをする。

 

f:id:san-san-sha:20170827195416j:plain

シソは燦燦舎の庭で違法栽培じゃ! 田舎万歳!

 

ゴマをすったすり鉢に、冷やした味噌汁と野菜を入れて、できたー!!!

 

f:id:san-san-sha:20170827195521j:plain

 ゴマ冷や汁の完成〜〜!! まっこち簡単!!! 鍋じゃなくてすり鉢で仕上げるとうまそうに見える。ゴマを入れ過ぎた感あるが、まあよかろう。

 

f:id:san-san-sha:20170827195620j:plain

冷や汁だけではアレなんで、つき揚げを揚げる。最近揚げるのがうまくなってきた。温度低めが肝要。高いと真っ黒に焦げる。焦げてもうまいが。

 

f:id:san-san-sha:20170827195701j:plain

冷凍のすり身を揚げるだけだが、買って食うのとは次元が違ううまさ。揚げたての瞬間を逃さず、パンパンにふくらんだところをはふはふ言って食うのが何よりうまい。揚げる者の特権。ちなみに皿の上に新聞オリコミのチラシを数枚、その上にキッチンペーパーを置いて揚げ物を並べると、まったく皿が油で汚れない。洗いもんは減らすべし。

 

f:id:san-san-sha:20170827195732j:plain

できもした! ごま冷や汁につき揚げ、あとはカボチャとゴボウの天ぷら。これだけつくればまあ上等だ。いざ食わん!

 

f:id:san-san-sha:20170827200050j:plain

こちら冷や汁をかきこむ1歳児。我が家で一番食欲があるのが彼女です。冷やご飯にぶっかけて、行儀悪くわしゃわしゃとかき込むのが吉。宮崎ではアジなどの魚なども入れたりするが、これは超簡単レシピ。あっさりして暑くてもずるずる食える。明日になったらナスに味が染みてもっとうまそうな予感。

妻も、「これは食べ過ぎて危険だ」と言ってくれて、平和な燦燦舎です。

 かごんまの郷土料理、まだまだつくってけつかるでぇ〜〜われぇ!!!(甲子園も終わったところで男・岩鬼調です)

 

※注 料理ブログにしか見えませんが、仕事です!!!!

 

 

ーーーーーーーーー

自由研究のラストスパートにぴったりな燦燦舎の『桜島! まるごと絵本』『ぐるっと一周! 鹿児島すごろく』『39席の映画館』『ぐるっと一周! 九州開運すごろく』のご注文はこちらから。残暑を冷や汁で吹き飛ばし、送料無料で日本全国にお送りします! 

san-san-sha.com

お盆休みをいただきます

暑い夏です。

燦燦舎は 8月13日から15日までお盆休みをいただきます。

本屋さんで、お土産屋さんで、雑貨屋さんや文房具屋さんやホテル、ご飯屋さんやバーなどで燦燦舎の本を見かけたときはどうぞ手に取ってみてください。

f:id:san-san-sha:20170812223044j:plain

こちらは霧島のよかもんが揃った「きりん商店」さんのかき氷です。お盆も営業とのこと。みなさま是非どうぞ!!

 

san-san-sha.com

燦燦舎の『桜島! まるごと絵本』『ぐるっと一周! 鹿児島すごろく』『39席の映画館』『ぐるっと一周! 九州開運すごろく』はこちらからご注文いただけます。休み明けに送ります! 日本全国送料無料!!!

鹿児島本で、今年もワッショイーーー!!!

暑かですね。夏は暑いです。
かごんまの夏と言えば、夏と言えばよお、

六月灯、鰻、行水、田舎、蚊取り線香、、、海、、、、、、み、み、み、南九州出版フェアだろ!!!(※しりとりです)

と、いうことで今年もブックスミスミオプシアさんにて、鹿児島本3000冊が結集する南九州出版フェア開催中です。

 

名物のオブジェつくりに燦燦舎&南方新社の夢の協同作業が実施されましたー!
ちなみに作業当日ですが、わたくしは発熱した娘の看病のため、ほとんど何もしておりません。以下想像で執筆いたします。

 

f:id:san-san-sha:20170731233334j:plain

どら、まずは土台からやっど。
特設平台に布を張る南方新社・梅北さん。紅白幕でどっからどう見ても夏祭りのステージにしか見えねえ!! (お客さんに「何時からステージが始まるんですか?」と聞かれたそうです)

 

f:id:san-san-sha:20170731233420j:plain

夏祭り(じゃなくて出版フェア)の提灯吊り下げを敢行中、燦燦舎のさめしまことえさん。この後ジブラルタル海峡ばりにロープにつかまり渡っていきます。たけし城、なつかしいですね。

 

f:id:san-san-sha:20170731233503j:plain
何をしているかわかりませんが、この人が首領(ドン)!! 南方新社の炎の営業部長・江並さんです。江並さんが現れると、すべての書店員は震え上がり、ただ納品するしかない、という都市伝説が。もちろんこのフェアのすべてを取り仕切っています。

 

さあできてきたぞー。今年は早かねー。(俺なんもしてないけど)

ん、この犬はなんけ???

f:id:san-san-sha:20170731233623j:plain

つーんとした目をしちょっですね

 

そっ、そして、こん、こん横顔はーーーーー!!!!!

f:id:san-san-sha:20170731233713j:plain

生え際がポイントです

 

 

 

どどどどーーーーーんんん!!!

きょ、きょ、巨人、、、じゃなくて、

せっ、せっ、西郷どんだー!!!!(2m60㎝級!!!!)

f:id:san-san-sha:20170731233811j:plain

ご、ご、後光が差しとるっ

 

いやいや、バレバレの感もありましたが、今年の出版フェア、名物オブジェはこちら西郷どんになりもした。絵はもちろん燦燦舎のさめしまことえ!

来年はご存知の通り、NHK大河ドラマ「西郷どん」が放送決定で沸きに沸く鹿児島県。なぜか空港の名前まで変わるんじゃないかと浮き足立っております。一年先から予習開始じゃ〜!! と、鹿児島の出版社が出しております西郷さん本、西南戦争本、幕末維新本、ご覧の通りたくさん揃えました! 地元の版元の本がこんなに勢ぞろいすることはありません。

(燦燦舎の絵本、すごろく等も念のため置いております)

f:id:san-san-sha:20170801104117j:plain

 

 

もちろん西郷さん本以外も充実!なんですが、おすすめはこちら! 

南方新社『アリの生態と分類』。帯をご覧ください。

f:id:san-san-sha:20170801001502j:plain

「最悪外来種ヒアリを日本で初めて詳細図解」!!!
昨今のヒアリフィーバーで売れてるそうです。本書が刊行されたのは2010年。うーむ、これを予言の書と言わずしてなんというのでしょうか。さすが南方新社、神の力が備わってるとしか思えんですね。

 

それにしても今回はよかオブジェができた。ダンボールの巨大西郷どん。
設置場所は洗練の先端! スターバックスさん前です。

f:id:san-san-sha:20170731234052j:plain

後ろから見るとこんな感じです


うーむ、手づくり感満載、芋感満載の南九州出版フェアと、かっこいいカフェ、、、
こりゃ西南戦争はじまるぞ!!! はいウソです。はじまりませんよ〜!! 

我々世界平和を祈念しておりますからね〜。

懸命な読者のみなさんは、西郷さんオブジェを目印に来場、鹿児島の出版社渾身の本を吟味して購入、目の前のスタバでコーヒー片手におもむろに読んでくださいねーーー!
オシャレインスタグラマーのみなさんも、こげなふうに全世界に発信をばよろしくお願いします! 

f:id:san-san-sha:20170731234200j:plain

# ハッシュタグ満載で死苦世露 #鹿児島本でワッショイ

#作業が終わってから来たわたし #思わず自社本宣伝 #隣りはオプシア浦郷さん 

 

 

8月20日は、塚田拓先生の「ムシムシ大相談会」開催!
詳細は後日お知らせいたします!!!!

 

f:id:san-san-sha:20170731234818j:plain

7月31日の南日本新聞でも紹介いただきました。ありがとうございます!!

南九州出版フェア
7/22(金)〜9/1(金)
会場:ブックスミスミオプシア(キッズプレイランド隣り)
主催:南九州出版協会&ブックスミスミオプシア
問合せ:099-248-7496(南方新社・江並)
参加出版社:鹿児島書籍、燦燦舎、高城書房、月の舟書房、南方新社南日本新聞開発センター、ラグーナ出版

 

6月4日(日)テレビ西日本「美の鼓動」に出ます!

今度の4日、日曜日テレビ西日本の「美の鼓動」なるテレビでわたくし燦燦舎代表の鮫島亮二が紹介されます!

「古きを継承し、新しきモノを生み出すクリエーターを紹介」とのこと。

わたくし、自分がクリエーターだ!とはあまり思わないのですが(なんか響きがこっ恥ずかしい)、これまで出演した方は、、、、

 

 

鹿児島からはパンダ絵師のあごぱんさん、写真家の下薗詠子さんたち!!!

そして九州ではなんと雑誌「ヨレヨレ」やナナロク社「へろへろ」を著した編集者の鹿子裕文さん! 別府の郷土玩具福獅子などをつくる豊泉堂さん!なども登場してます。

 えええええ、恐縮にして光栄!

 

鹿児島では放送されないんだけど、なんとwebで観れるのがこの番組のすごいとこです。ありがたい!!!!

福岡県民のみならず、

全世界の燦燦舎ファン

のみなさま、お喜びを!!!

どうぞご覧くださーい!!

 

6月4日(日)

テレビ西日本「美の鼓動」

11:45~

(放送は2分30秒! まばたきもせずどうぞ!)

 

www.tnc.co.jp