燦燦舎のブログ

燦燦舎(さんさんしゃ)は鹿児島のあたらしい出版社です。

7日間ブックカバーチャレンジ 1日でやってみた⑦『ラクうまごはんのコツ』瀬尾幸子

 

 

 

f:id:san-san-sha:20200514192937j:plain

 

ラクうまごはんのコツ』瀬尾幸子、新星出版社、2014年

 

「ブックカバーチャレンジ」というのにカバーはボロボロになったので捨ててしまった。ラスト7冊目はレシピ本である。

ラクうまごはんのコツ』。掲載されている料理は肉じゃが、ポテトサラダ、ハンバーグにから揚げ、ブリの照り焼きなど、なんの流行りにも関係なく、なんの変哲もないレシピばかりだ。

しかしわたしは(正確には妻が買ってきた本なので、わたしたち家族は)本書を圧倒的に支持したい。どの本よりもこのレシピ本で作った料理が多いからだ。

本書のキモは、まずメインのコピーと、それに続くボディコピーにある。

f:id:san-san-sha:20200514193143j:plain

「ハンバーグはよーくこねて、小さく丸める」に続いて「ハンバーグを失敗しないコツは、小さく作ること(中略)割れる、生焼け、焼き過ぎなどの失敗は、小さく丸めることでぜーんぶ解決」。

この連なるコピーが、失敗の恐れを打ち消してくれる。こんな俺でも作れるぞ!とやる気を引き出してくれるのだ。

「ほんとに旨い。ぜったい失敗しない」が本書のサブタイトルだが、偽りない。自分だったら「ほんとに旨い、と思う。ぜったい失敗しない、多分」とかつけてしまいそうだが、潔い。それだけ内容に自信があるのだろう。レシピ本なんてものはテーブルに開いて使ってなんぼ。いまどきのレシピ本は体裁を気にし過ぎて文字が小さすぎるのが多い(おっさんには読めねえんだよ涙!)。本書のレシピ部分の開きもよくないといかんが、気前良く開きもぱっくりと十二分だ。編集者にも拍手である。

 

それぞれのレシピ本で目指すところは違って当然だ。しかし、わたしたちは共に走ってくれて、温かい声をかけ続けてくれる優秀な伴走者のような本書を信頼する。

作ろうと思えないと意味がない。作れないと意味がない。だって、実用書だもん。

 

本書のように、生活に根ざし日々の暮らしに寄り添う本をつくりたいと、いままさに編集をがんばっているところだ。

どうぞこれからも燦燦舎にご期待ください。

 

ブックカバーチャレンジ7デイズを1日でやってみた。これにて終了。

おうちで本を、読みましょう。

(燦燦舎 代表 鮫島亮二)

 

 

燦燦舎は鹿児島の小さな出版社です。

san-san-sha.com

 

7日間ブックカバーチャレンジ 1日でやってみた⑥『進撃の巨人』諫山創

f:id:san-san-sha:20200514191212j:plain

進撃の巨人諫山創講談社、2009年〜、現在31巻まで刊行

 

 

2015年だったが、近所のラーメン屋タケホープでラーメンを食いながら本書を手に取った。人気があるのは知っていたがまったく内容は知らなかった。ラーメンを食い終わっても手を止められず、しばらくタケホープに居座っていたらついに「そろそろ帰ってくれ」と追い出された。当たり前である。

以来、毎月欠かさず読んでいる。

巨人の不気味さ、連載開始前から練られていたという長大なストーリー、立体機動装置というギミック、リヴァイ兵長のそのキャラクターと一人で師団三つ分と謳われる戦闘力(連載10年で兵長が本気を出して戦ったのはまだ3回だけで、その全てが歴史に残るベストバウトだ)、などなど読むべき要素は数多あるが、今回はその文章力に焦点を当てたい。

 

第3巻、兵士を死地に赴かせるピクシス司令の演説。評論家よりも活動家、コメンテーターよりもアジテイターでありたいわたしは、刊行当時20歳ちょっとの作者がなぜこんな演説を書けるのが不思議でならなかった。同巻に収録のアルミンの演説も必読。

f:id:san-san-sha:20200514191230j:plain

第3巻より。ピクシス司令の名演説。言ってることはむちゃくちゃである。

 

 

調査兵団は未だに負けたことしかないんだよ?」

そうなんだよ! 市民運動は負けて負けて当たり前で、だけど最後の最後に勝てばいいからあきらめずに続けているんだよ。なんでわかるんだ、諫山!?とか。 

 

f:id:san-san-sha:20200514191343j:plain

第14巻より。奇行種として名高いハンジ・ゾエだが、意外と実はまともな人間。



エルヴィン団長の「時に厳格に時に柔軟に、兵士の原理原則に則り最善を尽くせ。(中略)我々は勝利するためにここにいるのだ」はわたしが本をつくる指針でもある。私心や功名心より何よりも「本」が優先。出版者よりも著者よりも編集者よりもデザイナーよりも「本」が上だとわたしは考えている。

f:id:san-san-sha:20200514191648j:plain

第18巻より。もはやビジネス書としても素晴らしい。

 

著者の諫山創氏はもちろん漫画家であるが、文筆家としての才能が抜きん出ている。連載はもう31巻まで到達して、あとはいかにこの長い長い物語を畳むのか。その畳み方を全世界が注目している。あといくつ脳裏に刻まれるパンチラインを産み出してくれるのか、自分はそこにも大期待している。

 

電子書籍Amazonもほぼ使わないわたしだが、進撃だけは発売日すぐ(日付が変わってすぐ!)読みたくて毎月Kindle別冊少年マガジンを購入している。今月も8日にAmazonを開いた。しかし、ない! ないぞ、別冊少年マガジン6月号。なんと、コロナウイルス感染予防につき今月は発刊しないとのことだ。 

ふざけんな! コロナウイルス!!!

(燦燦舎 代表 鮫島亮二)

 

san-san-sha.com

 

7日間ブックカバーチャレンジ 1日でやってみた⑤『小さき者たちの戦争』『小さき者として語る平和』福岡賢正

f:id:san-san-sha:20200514184747j:plain

『小さき者たちの戦争』『小さき者として語る平和』福岡賢正、南方新社、2010年

 

南方新社で編集を担当した2冊。

著者は当時毎日新聞の記者で、『たのしい不便』『隠された風景』の2タイトルを南方新社から出版していた。どちらも名著。大ファンだったので、自分に編集が回ってきたときはうれしかった。

しかし、「編集」と言っても既に新聞連載されていたものを本にするだけだ。原稿はもう完全完璧。自分がすることはカバーをつくったり、オビを考えたりするだけだった。ちなみに南方新社社長がセールスを考えて本書の内容とまったく違うオビのコピーにしようとしていたのを、著者の福岡さんと結託して阻止したのはいい思い出である。(社長、すいません!)

 

戦争に加害者として従軍した人びとに聞き取りをして書かれた『小さき者たちの戦争』。訓練と称し中国人に銃剣を突き刺した人。戦場には快楽があったと証言する人。ここまでの言葉を引き出した、その取材力に感服する。特筆すべきは、著者は安全地帯からの評論ではなく、常に「自分だったら同じことをしていたかもしれない」という視点を失わないことだ。

 

毎日新聞の「余録」だったと思うが、本書が紹介されたと同時に全国から電話が鳴り止まないほど注文が来て、増刷になった。全国紙での書評の威力を体感した。対話集の『小さき者たちと語る平和』の方が地味な印象があるかもしれないが、清水眞砂子さんとの対談を読むだけでも手にする価値がある。合わせて紹介したい。

 

ちなみにその毎日新聞記事では、「新聞には究極的には戦争を止める役割がある」という言葉とともに本書が紹介されていた。

出版社も、そんな役割を担っていると思って本をつくっている。

(燦燦舎 代表 鮫島亮二)

 

 

本書はこちらから買えます。全国送料無料!

www.nanpou.com

燦燦舎は鹿児島の小さな出版社です。

san-san-sha.com

 

 

 

 

 

7日間ブックカバーチャレンジ 1日でやってみた④『素人の乱』松元哉・二木信

f:id:san-san-sha:20200514183716j:plain

 

素人の乱』松元哉・二木信編、河合書房新社、2008年

 

愛知県トヨタの『自動車絶望工場』でのお勤めを終えて鹿児島に戻り、職安で見つけた南方新社という出版社に就職した。アースデイかごしまなどの環境イベントに携わるようになった。

2008年には九州電力川内原発3号機を増設しようと県庁に申し入れに来るぞ!ということで反原発の会議が開催された。反原発運動の大ベテランの方々が集っていたんだが、やってることはわかるんだけど、なんかノリが違うんよねえ。いっぺん原発反対の署名集めにも参加したが、ゼッケンを渡され着用を命じられる。ゼッケンには透明なビニールのポケットがつけられていて、そこに「川内原発増設反対!」などの紙を入れられるのだ。つまり今日は「原発反対」、来週は「憲法守れ!」とテーマによって文言が変えられるという世紀の発明だけど、とにかくダサいし、横断幕なんかのフォントも怖い。何かとあと、自由を求めて運動してるはずなのに統一させられることが嫌だった。

原発は止めないとあかんが、果たしてどんな運動すればええんやろか、というときに大いに参考になったのが本書である。

高円寺でリサイクルショップを経営しながら「素人の乱」を主宰している松本哉を中心とした運動と騒動の数々が掲載されているが、そのセンスが最高だ。

「自転車を返せデモ」「3人デモ」「家賃下げろデモ」などのデモの数々(「広い部屋でセックスー、させろー」というシュプレヒコールは名作だ)。いよいよ松本は町を解放区(キムタクじゃねえぞ)にすべく杉並区議選挙に出馬。高円寺南口で「ダイブするから受け止めてくれ! それが自治ってことだろ!」とダイブ。意味不明だがマヌケでかっこいい。そのテンションが本書の装丁からレイアウト、見返しの危うさにも充満している。ほぼ全編三段組み、多数の寄稿も収録していて編集者の思い入れを感じるとともに編集作業がまあしんどかったろうと同情もする。

 f:id:san-san-sha:20200514183809j:plain

不穏な見返し。抜かりがなくデザイナーや編者の愛を感じます。

 

わたしもその後、数々の反原発サウンドデモを主催するに至った。

こんな素敵なデモだったら、共感が生まれて多数のみなさまが参加するぜ!と思っていたが、かなり危険人物だと思われていたようだ。あれ? ベテランのおじさんがたといっしょか。

f:id:san-san-sha:20200514183934j:plain

なんと著者のサイン入り。2008年とあるから、知事選よりだいぶ前。しかしどこ会ったか記憶がない。あの店だろうか?

 

 

2012年に南方新社の向原社長が県知事選に出馬して、なぜか松本哉も応援に来た。下田の南方新社の社屋を見て一番、「百姓一揆のアジトじゃねえか!」と言って大笑いしたことが忘れられない。

 

(燦燦舎 代表 鮫島亮二)

 

 

san-san-sha.com

7日間ブックカバーチャレンジ 1日でやってみた③『半島を出よ』村上龍

f:id:san-san-sha:20200514182132j:plain

 

『半島を出よ 上・下』村上龍幻冬舎、2005年

 

出版社の代表として本を紹介するのに、椎名誠村上春樹村上龍と国民的どメジャーな作家が三連発なのはどうかと思うが、まあ気にしないでください。

 

村上龍で好きな小説は圧倒的に『69』とか『テニスボーイ』だけど、身体的な記憶に残っているのは本書である。

前回書いたように銀行を退職して、しばらく地元にも居づらい、金も必要だ、ということで愛知県の某トヨタ自動車の工場で働いた。よく求人広告が出ている「月30万、1年で何十万円ボーナス!」という例のアレである。

愛知県の知立市というまったく知らない土地(名古屋じゃねえのかよ!)の寮に収容され、今週は朝の6時から仕事、次の週は昼の15時から仕事、という変則的なスケジュール。配置されたのはドアラインで、トヨタシエンタファンカーゴなどのスライドドアの左ドアの内側の一部分の部品だけ!をひたすらつけ続ける作業だった。友だちもいないし、仕事以外はひとつもやることがなく猛烈に暇だったから、よく本を読んだ。

 

寮からチャリで何十分かのところに書店があり、本書が大々的に積まれていたのを記憶している。北朝鮮のコマンドが博多を占拠して、少年たちが反撃をする物語だが、コマンドたち(本書では少年たちからコリョと呼ばれる)が人を殺傷する技術、精神力、冷静さ、冷酷さが凄まじい。ものすごく怖い。コリョに勝手に政治犯に認定された囚人たちが拷問を受けて肩の骨が見えるほどに角材で殴られるとか、もう読んでて痛さと気持ち悪さでめちゃくちゃに怖い。

 

寮で読み出して、あっちの階段からコリョが攻めてきたらどげんしよか。ドアから顔出した瞬間に撃ち抜かれるぞ、とページをめくる手が止まらず一睡もせずそのまま仕事に行った。ふらふらで工場に到達するも頭の中はコリョでに占拠され作業に大幅に支障を来たし、自分の行程で何度もラインがストップした。これが収容所ならわたしは即粛正である。

コリョの考え方は合理的で、集団としての目標がトータルで達成されるならば自分の身体の部分が損壊されても、最悪死んでも構わない。組織として非常に強い。まったく共感はできないのだが。

 

トヨタの工場で、作業員がプレスの行程で亡くなる事故があった。名前も知らないひとだったが、翌日も何事もなかったように普通に工場が稼働するさまに、そろそろ潮時だな、と鹿児島に帰った。そんなことを思い出す本。

(燦燦舎 代表 鮫島亮二)

 

 

san-san-sha.com

7日間ブックカバーチャレンジ 1日でやってみた②『海辺のカフカ』村上春樹

f:id:san-san-sha:20200514180825j:plain

海辺のカフカ 上・下』村上春樹、新潮社、2002年

少年カフカ村上春樹、新潮社、2003年

 

 

いちばん好きな作家は、と聞かれたら、実は村上春樹なのだが、いちばん好きな作品はなんだろうかと聞かれたら『ダンス・ダンス・ダンス』か『ねじまき鳥』だろうか。『国境の南、太陽の西』も『1Q84』好きだし、『ノルウェイの森』も毎年一度は開く。

 

しかし今回は「あの日、あの時、あの場所で読んだ、身体の記憶に刻まれる本」として、本書をあげたい。

 

埼玉の大学を卒業して、なぜか某地方鹿児島銀行に勤めてしまった。奄美大島の支店に赴任したんだが、仕事はまったく好きになれなかった。いろいろと面倒を起こしてひとに迷惑をかけ、嫌われた。コンプライアンスという項目でDという評価を叩き出して「こんなの初めて見たぞ!」と支店長に言われた。どう考えても自分が悪いので、なにも言うことはない。そんなこんなで逃げるように退職(というか退学)する最中、逃げるように本書を読んでいた。たぶん名瀬のツタヤで買ったんじゃないかと思う。

 

久しぶりにパラパラとめくってみると、高松の私設図書館、緑のマツダロードスター、ばりんばりんのセックスマシンを紹介してくれるカーネルサンダーズ。さすがの世界観だ。『海辺のカフカ』についての読者とのメールのやり取りを収録した『少年カフカ』もおすすめしたい。『村上さんのところ』なり『そうだ!村上さんに聞いてみよう』なり、村上春樹の読者とのQ&A集ってのは仕事の合間にごろっとソファで眺めるのに適している。

 

f:id:san-san-sha:20200514181201j:plain

水丸さんの四コマもうれしい。海辺のカフカって最近の作品な気がしてたけど、もう20年近く前なんだなあ。

 

 

長年村上作品を楽しんでいるが、テーマとして一環しているのは、人間は根本的に孤独だということ。自由であること。孤独であっても、岩盤や森や壁や井戸を抜け、深層でひとと世界とつながっていること。

 

いまわたしがやっている小さな出版業という職業は、極めて孤独で極めて自由だ。

 

(燦燦舎 代表 鮫島亮二)

 

 

燦燦舎は鹿児島の小さな出版社です。

san-san-sha.com

7日間ブックカバーチャレンジ 1日でやってみた① 『あやしい探険隊 北へ』椎名誠

 

f:id:san-san-sha:20200514175202j:plain

 

『あやしい探険隊 北へ』椎名誠、情報出版センター局、1984

 

友人から「7日間ブックカバーチャレンジ」なるものが回ってきた。

毎日投稿するのが大変だなー、と手をつけられずにいたが、一気呵成に一日でやってみることにする。

題して「7日間ブックカバーチャレンジ 1日でやってみた」

 

何冊かの本を紹介する、という行為はこれまでも何回かやったことがあるのだが、今回は「あの日、あの時、あの場所で読んだ、身体の記憶に刻まれている本」というテーマでやってみたい。

 

人生で初めて活字の本を買った本屋は鹿児島市きしゃばの実家から徒歩40秒の場所にあった「井上書店」だった。

井上書店には兄弟で出没して、横目でいかがわしい書物のタイトルを眺めつつ延々と漫画を立ち読みしていた。最終的にはハタキをパタパタとかけられて追い出されるという、まさに古典的な町の書店だった。書店のオヤジさんが長居する我々を追っかけてくるときに平台に膝をぶつけて「痛え! 皿が割れた!」と大騒ぎしてたのを、大笑いしながら逃げた記憶がある。我ながら迷惑なガキどもだ。次の日も普通に営業してたから皿は無事だったようだ。

 

小学5年くらいのときに、その井上書店で椎名誠の『白い手』を買った。なぜ買ったのかは覚えていないが、そこから自分は椎名誠にずんずんと惹かれていった。椎名文学のなかでも『あやしい探検隊』シリーズが大好きだった。焚き火、天幕、飯と酒。憧れて、真似をした。いまも真似している。久しぶりに本を開いてみると、文章のテンポや写真のキャプションのつけ方などにも大いに影響を受けていたことがわかる。

f:id:san-san-sha:20200514175520j:plain

いちいち細かい笑いが含まれてる文章。好きです。

 

昨年は鹿児島で講演会が開催されて、初めて生椎名を見た。想像よりもかなりのじいちゃんだった。EDWINのCMでジーパンを竿に差し、モンゴルを馬で疾走するシーナさんの姿はなく心配したが、興が乗るにつれ話がどんどんドライブして若返っていった。大半は排泄物にまつわるバカ話で大笑いしたが、もう半分は原発や政権についての批判だった。

 

いつの頃までかは、わたしたちにとって本屋とは井上書店だった。出版社・南方新社に入って営業で井上書店に行くなんて思ってもいなかった。自分で出版社を起こして自分の本を置いてもらうなんて、もっと思ってもいなかった。

 

その井上書店も、いまはもうない。

 

 

 

燦燦舎は鹿児島の小さな出版社です。

san-san-sha.com