燦燦舎のブログ

燦燦舎(さんさんしゃ)は鹿児島のあたらしい出版社です。

わっしょいその1! 「キミも新聞記者!」

迫る! 

ふるさと本、真夏のチャンピオンカーニバル

8・7オプシアミスミで開催の「夏休みだよ! 鹿児島本」

 

鹿児島の本がずら〜〜〜〜〜〜〜〜っと並び、稀少ポケモンよりも出会うことが難しい、鹿児島の出版社の社長さんや社員さんが一堂に会するこの日ですが、それだけじゃありません。イベント直前、本ブログにてずいずいと紹介していきますよ。

 

まずはわっしょいその1!!

 

「キミも新聞記者! 本屋さんを取材してミニ新聞を作ろう」です。 13時〜15時

f:id:san-san-sha:20160804165326j:plain

みんな読んでる? 南日本新聞。地域の欄、読書欄、イベントカレンダーが最高ですね! 後ろにこっそり映っているのはニガウリです

 

鹿児島で圧倒的なシェアを誇る地方紙・南日本新聞さんの協力を得て開催されるこの企画。現役の記者さんが直々に教えます、取材の仕方! 記事の書き方!

だがしかしそれだけじゃありません。本番はこれから!

 

講座修了後、実際に記者さんとブックスミスミオプシアの書店員さんに取材に行きます。オプシアさん、もちろん了解済み!

 

本屋さんで働いている書店員さんの話を聞けるなんて、なかなかない機会ですし、なんとこの日は

普段は入れないバックヤードも取材できるそうです! 本屋の裏側、一体何が行われているのか???

 

f:id:san-san-sha:20160804165703j:plain

ブックスミスミオプシアの本ならこの人に聞け! 浦郷マネージャーも熱い握りこぶし!!

 

 

一日にどれくらい本が売れるのか?

どんな本がどの棚から売れるのか?

この棚作りのポイントは?

なんで書店員さんになったの?

 

うーむ。ぼくが調べたいことばっかいです。

今後文章を書く、伝えるためにこれは聴いておいたほうがいいですね!

参加者全員に賞状のプレゼントもあり!

 

残念ながら今回は子どもたちが対象の企画ですが、講座を聴くことは大人のみなさんも大歓迎。誰もがSNSで記事を書いて発信できる時代です。正確な描写、フックのある記事を書くにはどうすればいいのか。知りたくないですか? 正直、ぼくも取材の正式な訓練を受けたことがありません。すべて自己流。教えてほしいです!

 

南日本新聞×ブックスミスミオプシア×鹿児島の出版社

ががっちり強力なトリオを組んで実現したこの企画。

 

定員20名、予約の方優先です

099-248-5455(南方新社・江並)

090-7452-7765(燦燦舎・鮫島)までご連絡ください!

 

夏休みの自由研究が、一撃必殺で終わります!!!!

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

f:id:san-san-sha:20160720152336j:plain

 

「夏休みだよ! 鹿児島本! 〜南九州出版フェアスペシャルイベント」

https://www.facebook.com/events/575578552622300/

8月7日(日)

12:00〜17:00

オプシアミスミ中央イベント広場

入場無料

主催:南九州出版協会&ブックスミスミオプシア

問合せ:099-248-5455(南方新社・江並)

自由研究はこれでバッチリ! 鹿児島の本が大集合の一日

1、自由研究は完璧! 

『キミも新聞記者! 本屋さんを取材してミニ新聞を作ろう』

13:00〜15:00

 

2、あのアナウンサーが朗読!

『声に出して読みたい鹿児島本』

13:30〜14:30

 

3、毎年大好評の虫トーク!

『夏休みが楽しくなる! 昆虫のひみつ』

15:00〜16:00

 

4、鹿児島本、展示即売!

5、製本体験! 虹色ノートをつくろう

13:00〜16:00