読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

燦燦舎のブログ

燦燦舎(さんさんしゃ)は鹿児島のあたらしい出版社です。

「ぐるっと一周! 鹿児島すごろく原画展」山形屋にて開催中!

昨年末に発行して、おかげさまで好評いただいております『ぐるっと一周! 鹿児島すごろく』。初版もほぼ底をつきて、11月に2刷りになりました! 

感謝感涙!!

 そんな我が社のすごろく、みなさんご覧になったことはございますか?

拡げてみると、甑島のトシドンに奄美のケンムン屋久杉、そうめん流しで目が回るの図、福山の黒酢ですっぱい顔をする、川内川でカッパとツルが綱ひき……。

鹿児島はこんなにも色とりどりなのだと教えてくれる、温かいイラストがところ狭しと載っています。

f:id:san-san-sha:20151206062609j:plain

 このイラスト、実は和紙を一枚一枚切り、色を付けて描かれた、気の遠くなるような作業の果てにできたものなのです。制作してくださったイラストレーターの原田美夏さんの、この素晴らしい原画をなんとかみなさんに見ていただけないだろうか、わたくし会場を探し回りました。そして、なんとあの鹿児島の県民百貨店、山形屋さんで原画展を開催する運びとなりました!

f:id:san-san-sha:20151206062655j:plain

 会場は7階のななテラスギャラリー。食堂のフロアですね。焼きそばを食べたあとにどうぞご覧ください。

f:id:san-san-sha:20151206062806j:plain

超力作のツルとカメと田の神さあがお出迎え! モデルは原田美夏さんと文章を書いてくださった植村紀子さん。 ここで写真を撮るとご利益あります!  

 

f:id:san-san-sha:20151206062845j:plain

茶わんむしの歌もあり

 

f:id:san-san-sha:20151206062949j:plain

奄美のケンムンは、実物の大島紬を着ています

 

f:id:san-san-sha:20151206063037j:plain

この原画展でしか見られない、涙涙のボツイラストもあり

 

f:id:san-san-sha:20151206063135j:plain

原画展のパネルは、すごろくで回るルート順に構成されています。一枚一枚のパネルには、今回の原画展のために植村紀子さんがタイトルを付けてくださいました。見所です! こちらは「島めぐり 縄文めぐり 星めぐり 歴史もめぐり 黒潮の道」

 

鹿児島の大地、南国の日射し、うねる海原を感じさせてくれる、力強く温もりあふれる原画の数々。年末の忙しい時期ですが、きっと心がぽかぽかとあたたまります。原画展は15日(水曜日)まで! どうぞ足をお運びください。

 

f:id:san-san-sha:20151206063312j:plain

『ぐるっと一周! 鹿児島すごろく』は県内各書店と、山形屋中4階Whatさんにて絶賛発売中です。写真はWhatの炎の雑貨バイヤー、ミヤジンガーZ!! 今年も残りわずか、いっしょに気張いもんそっ!!!

 

f:id:san-san-sha:20151206063416j:plain

 

「ぐるっと一周! 鹿児島すごろく 原画展」

日時:12月2日(火)〜15日(水) 10時〜20時(最終日16時まで)

会場:山形屋(鹿児島)1号館7階ななテラスギャラリー ※入場無料