読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

燦燦舎のブログ

燦燦舎(さんさんしゃ)は鹿児島のあたらしい出版社です。

桜島!まるごと絵本 どうしてこんなとこにすんでるのけ?

こんにちは。「桜島!まるごと絵本」のさめしまことえです。

 

先日桜島で、自由研究で桜島を調べている小学生に「なんで噴火するのに、桜島に住んでるんですか?」という質問に答えました。

それからからたったの数日。 

桜島の噴火警戒レベルが4に引き上げられました。

 火口の近くに住む住民の方は、避難所へ避難しています。

 とっても心配です。

 

f:id:san-san-sha:20150817163110j:plain

 

全国ニュースで噴火の様子が報道され「こんなとこに人が住んでるなんて」と言われる桜島ですが、

人口は4500人くらい、小学校が4つと、中学校が3つ、あるんですよ。

桜島は、火山の恵みで温泉もあるし、農作物も採れるし、海も山も近いし、夕日もきれいだし、のんびりしているし、島内の友だちは家族のようでもあります。

今でこそ過疎化で若い人が出て行ってしまっているけど、
縄文時代から人の住んでいる住みやすい島です。

 

桜島の噴火を伝える媒体は数多くあっても、「暮らし」を伝えるものはほとんど無い。

桜島に住んでいた私としては、すごく寂しい。

 それが、「桜島!まるごと絵本」を作った理由のひとつでもあります。

 

今、島内では、自主避難するかどうか迷っている人が大勢いるそうです。

避難していつ、もどってくるの? 子どもの学校はどうする?
自分だけ逃げて、周りの人はどう思うだろう?
何かあったら? 何もなかったら? 
避難は勇気がいります。

住み慣れた場所から移動するということは、他人が思うほど簡単ではないのだと思います。

小さい頃から土地とともに暮らして来た人なら尚更です。

そして、土地を移った人の苦労も計り知れません。

 

このブログを書いている17日現在、大きな噴火は起きていません。

この先、桜島の噴火がどのような形になるのか分かりませんが

被害の少ないことを願うばかりです。 

 

 『桜島! まるごと絵本』についてはこちらをどうぞ

桜島!まるごと絵本 | 燦燦舎さんさんしゃ