燦燦舎のブログ

燦燦舎(さんさんしゃ)は鹿児島のあたらしい出版社です。

うれしいことをいろいろと

『桜島! まるごと絵本』を買ってくれた方から、メッセージをいただきました。「読み手のことを考えた丁寧な仕事ぶりに感動しました」。その方は、Facebookで宣伝までしてくれました。

友人からは、「福岡の母が10冊くらい注文取ってるみたいです」とのお知らせ。

今日は、大切な友だちの引っ越し祝いに呼ばれて行ったんですが、なんと実は、燦燦舎開業記念のお祝いだったのです。ケーキも友だちの手づくりで、イチゴが3×2(サンサン!)のってました。うれしくて写真を撮ることを忘れました。

先日、小学3年生の女の子から、読者カード(本に挟まっているおハガキ)が届きました。原文ママで抜粋します。
「ただひとつだけ、ものしりにちかずけるのは『本』を読むことです。この本をよんで、ものしりに少しちかずけたと思います。これからもおもしろいけどものしりになれる本をたくさん作って
ください」

出版社をはじめて、まだ3カ月も経ってなくて、わからないことやとてつもなく不安なこと、できなくて歯がゆいことや悔しいことだらけです。

だけど、そんなことよりもはるかにうれしいことが多い。毎日毎日、心から「ありがたい」と思う瞬間があります。
それは、とてもここには書ききれないほどです。

『桜島! まるごと絵本』は、ものすごく目新しい本、というわけではありません。
鹿児島に住んでいる人には知っててほしいこと、桜島に行ったことのある人には忘れないでほしいこと、そんな当たり前のことが書かれています。

ただひたすら、読んでくれる人に届くように、丁寧に、真剣に、つくりました。
わたしたちがいま持っている、すべてのものをつかいはたしてつくりました。それだけは胸を張って言えます。

わたしたちの手から離れたところで、本を宣伝してくれる方がいたるとき。
「こんなところまで読んでくれたんだ!」と思えるようなありがたい言葉をいただくとき。
それはもう、出版社冥利に尽きる、というものです。
本当にありがとうございます。

燦燦舎はこれからも、一冊一冊に魂を込めます。

わたしたちの本が、届くべき人のもとに届いてほしい。
届けたい。
そのために、目の前のひとつひとつの仕事に向き合っていきます。

『桜島! まるごと絵本』
著/NPO法人桜島ミュージアム&さめしまことえ
55ページ、オールカラー、上製
定価1,512円(税込)

燦燦舎のホームページより、送料無料でお届けします!

届け!

http://san-san-sha.com/?page_id=12